トップページに戻る

人がふれあう街づくり。毎日の生活の通り道、清潔で明るい広場。 沖縄都市モノレール株式会社「ゆいレール」。

沖縄都市モノレール「ゆいレール」

ゆいレールについてゆいレールご利用案内ゆいレールえきガイドゆいレールQ&Aオンライン美術館ゆいレール展示館ゆいレール広告募集ゆいレールお問合せ

ゆいレールについて

 

バリアフリー

人に優しい ゆいレール
街の顔にふさわしい、アメニティー施設としての駅づくり。これも、沖縄都市モノレールの基本プランです。
利便性を考慮したエスカレーター設置のみならず、点字誘導用ブロックや車椅子対応用エレベーターなど利用する人々に配慮した、人に優しく環境と調和する都市モノレールの駅です。

 

身体の不自由な方、お年寄りや小さな子供でも安心して利用して頂けるようにできる限りの配慮をして作られています。

◎地上からコンコース階、プラットホーム階へは、エレベーターやエスカレーターであがることができます。
小さな子供でも解るように駅名などの漢字にはふりがなを付けてあります。
目の不自由な方のためには、誘導ブロックや点字案内、音声ガイドシステムなどを設置しています。
耳の不自由な方のためには、非常時の赤色灯や点滅器によって安全に誘導します。 また、駅務室のファクシミリも利用して頂けるように配慮しています。
赤ちゃんを連れている方が利用しやすいように、ベビーシートやベビーキープを福祉トイレ内に設置しています。
人工肛門の方が利用でき、また、赤ちゃんのおしりを洗うことができる温水シャワーが利用できる設備(オストメイト対応)も全15駅の福祉トイレに設置しております。
その他、細かいところも十分に配慮した駅舎となっています。

 

バリアフリーについて
エレベーター 福祉トイレ
車椅子対応 改札口 車椅子乗降装置
ホームドア(可動安全柵)  
 
駅舎のホームの形式

駅舎のホームは、プラットホームが有効に利用でき経済性に優れている島式ホームを基本に採用しています。ホームを間違えた場合でも島式ホームなら簡単に移動できます。
相対式ホームは、カーブなど線形条件や立地状況などの制約を受ける場合に採用します。

島式駅舎《10駅》 相対式駅舎《5駅》

 

◆那覇空港駅 ◆赤嶺駅 ◆小禄駅
◆奥武山公園駅 ◆県庁前駅 ◆美栄橋駅
◆牧志駅 ◆安里駅 ◆市立病院前駅
◆儀保駅    

 

 

◆壷川駅 ◆旭橋駅 ◆おもろまち駅
◆古島駅 ◆首里駅  
     
     

 

駅舎断面図
プラットホーム平面図
コンコース平面図

駅の改札口とプラットホームとの間を人々が快適で安全に通ることができるスペース、それがコンコースです。体の不自由な方のための点字ブロックやトイレ、そしてお年寄りや小さな子供のためのエスカレーターが設置されています。

 

ページトップへ↑

 
採用情報